郷ひろみさんの歯へのこだわり

歌手の郷ひろみさんは、63歳とは思えないくらい見た目が若いだけでなく、体力もありありでステージを駆け回るほど元気です。
「元気です」などと言うのは、年寄り扱いしているようで本当におこがましくてすみません。
ひと昔前の60歳っていうと、かなりお年だというイメージがありましたが、今は全然若いですよね。
そんな郷ひろみさんは、とても歯を大事にしていらっしゃいます。
以前、郷ひろみさんの密着取材をした番組を見たんですが、朝、昼、夜、寝る前の1日4回、それぞれ20分かけて歯磨き&デンタルフロス、その時は長い糸でしていました。
なんでも小さい頃、虫歯になって歯医者さんで痛い思いをしたという記憶が消えないんだそうです。
それ以後、虫歯にならないように気を付けているらしいです。
郷さんは、歯だけでなく舌の上には虫歯菌があるから、タングスクレーバーという舌磨き専用の器具を使って磨いているということです。
それにしても、ものすごくストイックですよね。
芸能人たるもの、白い歯は当たり前といったところでしょうか。
虫歯になるのを予防している郷さんですから、定期的に歯医者さんに通って歯垢や歯石を取ってもらっていることでしょう。